2019年11月13日
Breaking News

ベテラン看護師の苦労と問題解決

ベテラン看護師は、医療現場を支える中心的な存在として頼られる機会が多くなりますが、仕事上で様々な苦労を抱えながら働いている人も多くいます。

特に、毎日の看護業務はスムーズにこなせるものの、自分の将来の目標をなかなか決められない人は珍しくありません。

例えば、ルーティーンワークがメインの現場においては、医師や看護師長などに指示された仕事だけをこなす機会が多いため、自分の得意な仕事を見つけるまでに時間が掛かるといった問題もあります。

こうした問題に対応するには、ベテラン看護師にある程度の裁量が与えられているところや、定期的に自己啓発やキャリアアップに関するセミナーが用意されているところを勤務先に選ぶことが大事です。

職場内で、高く評価されているベテラン看護師は、新人やブランクのある看護師の教育を任されることもあり、医療現場で必要な基本的な看護のスキルを分かりやすく教えるために様々な場面で色々な苦労することがあります。

大人数の医療スタッフが在籍している医療機関においては、ベテラン看護師が無理なく新人教育を行えるように、事前にコーチングの研修を実施したり個別の教育マニュアルを作成したりするところも多くあります。

なお、ベテラン看護師に特有の苦労について、信頼できる上司や同僚と日ごろから意見を交わしたり、スマホやパソコンを使って全国の様々な医療現場で働いている人の体験談に目を通したりすることも重要です。